Modern Device Gutter

わたしは北海道に住むmizoreと申します。機械と機械と機械が好きです。

コーヒーは身体に悪いのか

お題「コーヒー」

気をつけないとついつい頻繁に飲んでしまいますよね。コーヒーって本当に身体に悪いのでしょうか。ちょっと調べた結果を箇条書きにしてみました。

f:id:mizorechang:20180320233300j:plain

メリット:コーヒーが脳にもたらす良い影響

コーヒーの脳に関するいろいろなメリットを知ると、皆さんにとってコーヒーが単なる嗜好品ではなく、特定のシーンに欠かすことができなくなる飲み物になるでしょう。

コーヒーによる脳の覚醒効果

よく知られている点ですがコーヒーのカフェインには覚醒効果があります。より具体的にいうと、コーヒーのカフェインが脳の中枢神経を興奮させ、脳を覚醒します。コーヒーのカフェインによる脳の覚醒期間は人によって異なります。また普段コーヒーを良く飲むか、飲まないかでカフェインの耐性も違ってきます。しかし一般的にいうと、コーヒーを飲んでからおよそ20分後、カフェインの影響により脳は覚醒します。その後60分後をピークにおよそ4時間続きます。そしてコーヒーの覚醒効果はその後すぐになくなるわけではありません。脳の覚醒効果は徐々に減っていきますが、6時間後に脳の覚醒効果は半減になり、およそ10時間に脳の覚醒効果は完全になくなります。

朝コーヒーを飲むと・・・

コーヒーを飲むことによる脳の覚醒効果のピークは比較的早く来ます。それで朝起きて目覚ましにコーヒーを飲むのは脳にとってとても合理的です。朝コーヒーを飲めばその後お昼休みまで脳の覚醒効果は続き、勉強や仕事に集中できるからです。ただし、朝起きてすぐにコーヒーを飲むと胃腸に負担が大きいのであまりおすすめはできません。

仮眠する前にコーヒーを飲むこともできる

仮眠前にコーヒーを飲むと目が冴えて寝れないのではないかと心配されるかもしれませんが安心してください。コーヒーのカフェインによる脳の覚醒効果はおよそ20分後に起こります。一方仮眠の長さは20分から30分がベストといわれています。なぜなら仮眠はそれだけで仕事の効率がアップし、心身が健康になります。逆にそれ以上眠ると睡眠慣性により起きても眠気が続いてしまいます。また夜の眠りも浅くなってしまい、結局翌朝疲れてしまう、ということになりかねません。それで仮眠前にコーヒーを飲むなら、脳の覚醒が仮眠終了時刻にやってきます。つまり、ベストな時間にすっきりと目覚めることができます。

3時の休憩でコーヒーを飲むのもおすすめ

午後の仕事が一息ついた3時から4時ごろにコーヒーを飲む人もたくさんいますが、それも脳に良い理にかなった飲み方といえます。コーヒーの脳の覚醒効果は長時間続きます。それで逆をいうとこの時間以降コーヒーを飲むと脳の覚醒が続き、夜の睡眠の質に影響を及ぼす可能性があります。

脳の覚醒効果を持続させるためのコーヒーの飲み方

さらにコーヒーの脳の覚醒効果のピークは4時間までです。それで脳の覚醒効果を持続させるため下記のような飲み方を提唱します。

  1. 朝コーヒーを飲む。脳の覚醒期間(8:00-12:00)
  2. 昼コーヒー飲み、その後仮眠する。脳の覚醒期間(12:00-16:00)
  3. 午後の休憩時、コーヒーを飲む。脳の覚醒期間(15:00-19:00)

このような頻度でコーヒーを飲めば仕事期間中、あるいは学業期間中脳が常に覚醒され、仕事や勉強に良い効果を期待できます。一日に3杯以上コーヒーを飲むことは脳の健康上様々なメリットがあります。またコーヒーはただ脳を覚醒するだけではなく、仕事や勉強に良いいろいろな効果があることがわかっています。

コーヒーは脳を活性化する

少し前にはやった脳トレなどの脳ブームにより、「脳を活性化する」というワードがよく使われるようになってきました。脳が活性化する、と聞くととなんとなく脳に良いような気がします。しかし抽象的でよくわからないかもしれません。では実際のところ脳が活性化するとは何でしょうか。

脳が活性化するとは

脳が活性化するとは脳の血流が良くなった状態と定義することができるかもしれません。脳の血流が良くなると脳に必要な酸素やブドウ糖が細胞にしっかり届くからです。脳を活性化するために脳トレや運動などの方法が提唱されていますが、コーヒーも脳の活性化に役立ちます。なぜならコーヒーは脳の血管を収縮して血流が良くなるからです。コーヒーで脳が活性化することにより様々な効果があります。

集中力が向上する

コーヒーのカフェインは睡眠物質であるアデノシンという脳内物質を抑制します。それにより頭が鮮明になり高い集中力を保つことができるようになります。それで集中力を必要とする仕事、例えば大量の単純作業を行う前にコーヒーを飲むと集中力が高まり作業効率が上がります。またスポーツなどで結果を出したいときも脳の活性化は大切です。コーヒーを飲むことによって脳が活性化し、集中力が高まり、良い成績を収めることができた、という人は少なくありません。しかし一つ問題があります。コーヒーのカフェインは耐性がつきやすく、一度体制がつくとコーヒーを飲まないと頭がボーっとして集中力が低下してしまうようになる、ということです。また耐性がつくとコーヒーによる集中力の高まりが軽減されてしまいます。この状況を避けるために一定期間のカフェイン断ち、つまりコーヒーを飲まない期間を設けるのは一つの手です。

記憶力が向上する

受験勉強で始めてコーヒーのお世話になった人も少なくないかもしれません。しかしうれしいことにコーヒーはただ眠気を防止するだけではなく、記憶力そのものを向上することを示す論文がたくさん発表されています。コーヒーは短期記憶をつかさどる左脳の働きも、感情をつかさどる右脳の働きも活発になるようです。それで記憶力がアップするだけではなく、文法ミスも少なくなる、という研究結果もあります。コーヒーによる記憶力アップの効果ははっきりと実証されているためアルツハイマー病などの予防の効果も期待されています。

しかしいくらコーヒーが脳を刺激し、記憶力をアップさせるからといってもコーヒーを飲んでテスト前の一夜漬けすることはおすすめできません。その時に身についた記憶はテスト終了後にほとんどなくなってしまいます。短期記憶を長期記憶に移すためには復習する回数と質の良い睡眠に比例します。コーヒーを飲みながら定期的に復習する、そして夜はぐっすり眠る。これが脳にとって最適な長期的に記憶する秘訣です。

f:id:mizorechang:20180320233646j:plain

コーヒー が脳内麻薬を分泌する

私たちの脳には約20種類の神経伝達物質があります。その中のβエンドルフィンなど脳内麻薬、あるいは脳内モルヒネと呼ばれるものがあります。βエンドルフィンなどが脳内麻薬、あるいは脳内モルヒネと呼ばれるのはそれら脳内の神経伝達物質が麻薬の一種モルヒネと近い効果があるからです。しかも、モルヒネの良い効果だけが似ていて、中毒症状のような悪い効果は一切ありません。このコーヒーによる脳内麻薬の分泌によって様々な効果を期待することができます。

疲れを感じない

休憩中にコーヒーを飲むとホッとしますよね。実はただコーヒーはリラックス効果があるだけではありません。疲労感は体で感じるものですが、実際には脳が指令を出しています。コーヒーの脳内麻薬の分泌で疲労感が軽減され、疲れを感じにくくなります。

運動能力が向上する

運動前にコーヒーを飲むことによって脳内麻薬が分泌され集中力が向上します。運動前のコーヒーはまた長期間運動やトレーニングを続けることができるので効果的に鍛えることができます。また運動後の疲労も軽減してくれます。さらにダイエットをしている人にはうれしい情報ですがコーヒーは脂肪燃焼効果もあります。これらの効果を最大限に引き出すためには運動する30分前にコーヒーを飲むことをおすすめします。

幸福感

コーヒーはドーパミンにも作用します。ドーパミンは快感や多幸感を得る機能があります。「人間はドーパミンを分泌することを目的として生きている」といわれるほど大切です。褒められたとき、達成した時、感動している時、報酬をもらった時、あるいは恋をしたときに感じる高揚感や幸福感は脳科学的にいうと「ドーパミンが分泌された状態です。」聖書の格言に「受けるより与える方が幸福である」というものがあります。受けるよりも与える方がドーパミンがより多く分泌されるからかもしれません。さてコーヒーはそのドーパミンに作用し幸福感を得ます。見返りを期待しないでコーヒーをおごってあげるなら、より一層幸福感を得ることができるかもしれません。

やる気がアップする

ドーパミンはまたやる気の向上につながります。コーヒーはドーパミンだけではなく、アドレナリンの分泌も刺激します。アドレナリンは攻撃や逃走に備えて体の心拍数を上げてすぐに行動することができるようになるホルモンです。それでコーヒーを飲むと精神的にも身体的にもやる気が出てくる状態になります。

うつ病の予防

うつ病脳科学的にみると脳内麻薬の分泌が少ない状態ということができるかもしれません。しかしコーヒーを飲むことによって脳内麻薬などの神経伝達物質を放出するので多幸福、またやる気がアップします。コーヒーに含まれているポリフェノールには抗酸化物質があり、これがうつ病に効果があるのではないかという専門家の意見もあります。これはうつ病の症状と反対であり、うつ病の改善や予防を期待することができます。実際コーヒーとうつ病に関する論文はたくさん発表されています。またコーヒーを飲むことによって自殺率が半減したとか、ポジティブな言葉の処理能力が上がったという興味深い報告もあります。しかしうつ病をすでに患っている人がコーヒーを飲みすぎると脳内の神経伝達物質の異常が起こり、さらにうつ症状を悪化させる危険性がありますので注意が必要です。

コーヒーの香りが脳波にもたらす影響

コーヒーは飲むだけではなく、香りを嗅いだ時も脳に影響を及ぼします。この香気成分の効果はカフェインなどの成分と重複することもあります。それで香りをしっかりと嗅いでコーヒーを飲むのらその効果は倍増すると考えてよいでしょう。コーヒーは飲むことによって集中力や記憶力が上がりますが、やはり香りだけでも処理速度は上がるようです。

リラックス効果

人はリラックスすると脳内でβ波(ベータは)からα波(アルファは)に切り替わります。それでコーヒーの香気成分にリラックス効果があるのかを知るために脳波を測定する実験が行われました。結果コーヒーは飲む前、つまり香りを嗅いだだけでα波が多く出ることがはっきりと示されました。

リラックス効果がある豆、処理速度が上がる豆

コーヒーは豆によって香り成分が変わります。少し残念な点ですが香りが脳にもたらす影響としてリラックス効果と処理速度の向上がありますが、どちらも上がるのではないようです。例えばマンデリンやブルーマウンテンはリラックス効果が多くありますが、仕事の処理速度に関してはほとんど効果がないようです。一方マンデリン、ハワイ・コナ、ブラジルサントスは処理能力が上がりますが、リラクゼーション効果はほとんど見られないようです。それでリラックスをしたいか、仕事の処理速度をあげたいかで飲む豆を選び、しっかり香りを嗅ぐようにしましょう。

コーヒー によって脳梗塞脳出血のリスクが下がる

脳の病気として恐ろしいものに脳卒中があります。脳卒中になると半身不随になったり、物を食べたり飲んだりすることができなくなったりします。脳卒中の中には「脳梗塞」、「脳出血」、「くも膜下出血」の3種類がありますがコーヒーはその全てに効果があることがわかっています。脳卒中に特に多いのが脳梗塞で、全体の約60パーセントを占めていますが、コーヒーに最も効果があるのもまた脳梗塞のようです。コーヒーは一日1,2杯以上毎日飲むと効果があるようです。逆に一日に7杯以上飲むと脳卒中に対する効果はほとんどなくなるようです。

コーヒーによって 脳腫瘍のリスクが下がる

国立がん研究センターの研究チームの実験によるとコーヒーを1日3杯以上飲むと脳腫瘍のリスクが半減するようです。この実験はまたコーヒーを1日1杯だけ飲む程度では脳腫瘍に対する効果がほとんどないことも報告しています。そして1日に7杯以上飲むと脳腫瘍の効果がないどころか、逆にリスクが高まると報告しています。

コーヒーの脳血管収縮作用で頭痛が治る

コーヒーは脳血管収縮作用があります。偏頭痛持ちの人は脳の血管が膨張することにより頭痛がする人がいます。この場合コーヒーを飲むと膨張した血管が正常に戻り頭痛が治ります。一方カフェイン依存症の人がコーヒーを飲むのを止めるととカフェイン離脱のために頭痛が生じることがあります。この場合コーヒーを飲むことによって一時的頭痛がやむかもしれませんが、それはどちらかというと健康的な理由によるものではありません。

コーヒーの利尿作用によるデトックス効果

コーヒーを飲むとトイレが近くなるという人は良く知られている事実です。コーヒーと利尿作用に関するメカニズムをご紹介しましょう。コーヒーを飲むと脳の交感神経が刺激されます。そして脳の交感神経が刺激されると腎臓の血管が拡張されます。腎臓の血管が拡張されると肝臓の血液ろ過量が増加し、尿の生成が増加します。尿には老廃物も一緒に流されるため、コーヒーにはデトックス効果があるといえます。コーヒーのデトックス効果により肌荒れやむくみが解消されます。

デメリット:コーヒーが脳にもたらす悪影響

コーヒーが脳にもたらす影響は良いものばかりではありません。時にコーヒーはマイナスに働くことがあります。コーヒー否定派の中にはここで挙げられているような悪影響から「コーヒーは体に良くない飲み物だ」と決めつけている人もいるかもしれません。しかしコーヒーによる悪影響の種類と原因をしっかりと理解しておくとその悪影響に上手に対処し、良い影響だけを被ることができます。ここではそのようなコーヒーによる悪影響のいくつかをご紹介しましょう。

コーヒー による脳の覚醒効果

コーヒーによる脳の覚醒効果は良い影響ともいえます。しかしコーヒーによる脳の覚醒効果は時と場合によっては私たちに悪影響をもたらす場合があります。例えば寝る前にコーヒーをたくさん飲むとカフェインの影響により眠れなくなる、という人がいるかもしれません。自分はカフェインは全く影響しないので寝る前にいくらコーヒーを飲んでも大丈夫という人もいます。確かにコーヒーのカフェインは耐性がつきますので、コーヒーを飲んだ程度で睡眠は妨害されないかもしれません。しかしコーヒーのカフェインの影響は強く長いものです。コーヒーを飲んで眠れたとしてもその睡眠の質はあまりよくなく、ぐっすり眠れていないはずです。このようにコーヒーの覚醒効果は時に悪影響を及ぼすことがあります。

コーヒーのカフェインへの耐性がついてしまう

前述しましたがコーヒーのカフェインは耐性がついてしまいますので脳に及ぼす影響が少なくなることがあります。特に日本人はコーヒーの他に緑茶や紅茶など日常的にカフェインを多く摂取しています。それで他の国の人と比べてカフェイン耐性がついている人が多くいるようです。さてコーヒーのカフェインは一日に相当量を摂らないと害がほとんどないことがわっかていますが、カフェイン耐性のついている人は気づかないうちに1日に相当量を摂っている可能性があります。特に濃いコーヒーが飲みたくてインスタントコーヒーを飲んでいる人は危険です。インスタントコーヒーはそれ自体が多くの人が気にしているほど危険なものではありません。

しかしコーヒーを凝縮しているものなのでいくらでも濃くすることができます。すると少量のインスタントコーヒーでかなりの量のカフェインが入っていることになります。間違ってはいけないのがエスプレッソコーヒーとの比較です。エスプレッソコーヒー用の深い焙煎で淹れたコーヒーはとても苦いです。しかしカフェイン量は普通のドリップコーヒーよりもむしろ少ないようです。つまりエスプレッソコーヒーの苦さとカフェイン量は比例していません。一方インスタントコーヒーは苦さとカフェイン量は比例しています。それでインスタントコーヒーの豆を大量に入れて飲むとその一杯にカフェインが凝縮されています。カフェイン耐性ができている人がそのような濃いインスタントコーヒーを何杯も飲み、さらに緑茶やコーラなどのカフェインの含まれている他の飲み物を取り入れるなら、体にとって害になる危険性があります。

コーヒーのカフェイン中毒による禁断症状

カフェイン中毒をコーヒーを飲まないと頭がボーっとするというような症状と行動する人がいますが医学的には正しくありません。それは後述するカフェイン依存症です。カフェイン中毒はそのような軽い症状ではなく、時には命が関係する危険な症状です。とはいってもコーヒーの飲み過ぎによって死亡した例はほとんどありません。肝臓に障害がある人がコーヒーを飲んで亡くなったという例があるようですが、一般の健康な人がコーヒーを飲む場合はほとんど心配する必要はありません。コーヒーを一度に50杯以上飲む、あるいはそれに相当する量のインスタントコーヒーを飲むというような無茶だけは避けてください。しかし致死量にまでは至らなくてもコーヒーの過剰摂取によって脳の神経伝達物質のバランスがおかしくなり、不安や不眠などのうつ症状、手足の震えなどが起きる場合がありますので注意が必要です。

コーヒーのカフェイン依存症

コーヒーのカフェインは麻薬やアルコールと同じように脳に影響がある物質です。また麻薬と比べると微量ですが脳内麻薬のβエンドルフィンやドーパミンなどの快感物質が出ます。これらの理由でコーヒーを飲んでしばらくするとまたコーヒーを飲みたいという依存症が起こります。ある人は中毒症状と比べると非常に軽度ですが頭痛などの身体症状や不安などの精神症状が見られることがあります。たいていの人は頭がボーっとしてしまう、眠い、体がだるい、やる気が出ないという症状が出ます。このようコーヒーによるカフェイン依存症(カフェイン離脱)が出た場合、コーヒーを飲めばすぐに治ります。頭はシャキッとして、やる気が出て高揚感が出てきます。それでコーヒーを飲まないといられないカフェイン依存症が出来上がってしまいます。

ただしコーヒーによるカフェイン依存症は麻薬やアルコールと比べて症状が非常に弱く、危険性もほとんどありません。むしろコーヒーは飲み過ぎなければ毎日飲んだ方が脳にとって良い影響があることは前述したとおりです。それでカフェイン依存症あるいはコーヒー依存症であると気づいても特に対処する必要はないので安心してください。ただし何かに依存してしまいたくないというような高尚な気持ちを持っている方は年に数回コーヒーを飲まない日を作るとよいかもしれません。そのようなときは1日頭がボーっとしてもいい日、例えば休日何もしない日などに実行するとよいでしょう。旅行する、大好きなコンサートに行く、美味しいものを食べに行くという日にコーヒーを断つと、カフェイン依存症の人は何となくボーっとしてしまいせっかくの楽しみや喜びが半減しますのでその日は大好きなコーヒーは飲んでおきましょう。

コーヒーを飲むと創造性が下がる

コーヒーは脳に影響を及ぼし集中力や注意力が上がります。しかしコーヒーは脳に影響を及ぼしますが想像力を高めてくれる効果はほとんどないようです。むしろコーヒーを飲むことによって創造性は下がってしまうこともあるそうです。それで作業スピードをあげたいときはコーヒーを飲むことをおすすめしますが、クリエイティブな発想が求められる時にコーヒーはおすすめできません。ただし、休憩中にコーヒーを飲むことによって脳内がα波に変わり、リラックスできます。それが創造性につながることは考えられます。それで創造性が求められる仕事をする場合、コーヒーを飲みながら作業はしないようにしましょう。むしろ休憩中にコーヒーを飲み、休憩が終わったら作業に集中するというようなon/offを上手に切り替えるような生活をするとよいでしょう。

コーヒーを10杯以上飲むと注意力が下がる

コーヒーの香り、そしてコーヒーそのものには集中力が増すことがわかっています。しかしそれは1日のコーヒー摂取量は5杯までです。1日にコーヒーを10杯以上飲むと逆に集中力や集中力が下がってしまうことがわかっています。一夜漬けの勉強、徹夜で作業するときはコーヒーを何杯も飲むという人がいると思いますが、どうしても眠い時はコーヒー程度ではどうしようもありません。コーヒーを飲んでも眠くなります。そして集中力や注意力も下がってしまいます。どうしても眠い時は寝て、翌朝早く起きてコーヒーを飲み集中力を上げるようにしましょう。

コーヒーを飲んだ後脳血管収縮作用が消えると反動で頭痛が出る

脳の血管が膨張が原因で片頭痛がするという人はコーヒーを飲むと頭痛がやむという人がいます。それはコーヒーを飲むことにより血管が収縮され血の流れが良くなるからです。しかしコーヒーによるカフェインの効果が続かなくなるとその反動により頭痛がする場合があります。この場合それは一時的であり、コーヒーを飲めばまたその頭痛は収まるはずです。この情報を知らないと「コーヒーを飲んだので頭痛がするようになった」と勘違いしてしまうかもしれません。

しかしたいていの場合その逆でコーヒーを飲まなくなったから頭痛がするようになっているようです。ただしすべてがこの限りではなく、筋肉の緊張が原因でなる偏頭痛の場合頭痛が悪化してしまうこともあるようです。このようにコーヒーを飲むことによって片頭痛になってしまう場合もあります。自分の症状が明らかにコーヒーが原因の場合、コーヒーを飲むのを控える必要があるかもしれません。

コーヒーが脳にもたらす悪い健康効果

一昔前はコーヒーは健康的でないという人もいましたが、今ではほとんどの専門家がコーヒーは健康的な飲み物であるという見方をしています。さてコーヒーはブラックで飲むだけではなく、いろいろな飲み方があり、それを楽しめるのもコーヒーの魅力の一つです。しかしその中には脳に有害な影響を及ぼすものもあります。ここではコーヒーによって脳に悪い健康効果を及ぼしかねない飲み方をご紹介します。

白砂糖入りのコーヒーが脳にもたらす影響

「脳はブドウ糖しか食べない=脳に砂糖が必要」ということで脳が疲れた時にコーヒーに大量の白砂糖を入れる人がいます。しかしそれは一部は正しい情報ですが全体的に見ますと脳に良い影響ではなく悪い影響を及ぼします。まず砂糖をブドウ糖に変換するためには2時間かかります。それで脳がつかれたからといって白砂糖がたっぷり入ったコーヒーを飲んでも即効性はありません。第二に脳は基本的に疲れません。脳が疲れているように感じますが実際につかれているのは目であり、私たちの脳は常に働き続けています。第三に白砂糖は脳にとっても身体全体にとっても良い影響よりも害のほうが多いといえます。

一時期「キレやすい若者」というのが社会問題になりましたがこれは砂糖や炭水化物による低血糖症が原因であるという専門家の指摘がありました。詳しく解説しますと糖分を取り過ぎるとインスリンが正しく機能しなくなり、血糖値が不安定になります。これは糖尿病の危険性がまず指摘されますが、脳内ではエネルギー不足のためアドレナリンを過剰分泌するようになります。

アドレナリンはもともと素早く攻撃、あるいは逃走するために分泌されるものでそれが過剰に分泌されるといわゆる「キレやすい人」になってしまうようです。白砂糖入りのコーヒの脳による影響ははその他に不安症状やうつ症状、記憶力の低下やアルツハイマー認知症などの危険性が指摘されています。その他にも生活習慣病など深刻な病気の多くは白砂糖が原因であるとされています。それでコーヒーを飲むときはできるだけ白砂糖ではなく黒砂糖を使うようにしましょう。そしてたとえ白砂糖ではなくても、たくさん取り過ぎると脳にとって害をもたらします。コーヒーに入れる砂糖の量は多くても1日に合計でスプーン5杯以内までにしておきましょう。

コーヒーフレッシュ入りのコーヒーが脳にもたらす影響

コーヒーに牛乳や生クリームを入れるのは全く問題はありません。しかしその代わりにコーヒーフレッシュを入れる場合脳にもたらす影響を考える必要があります。コーヒーフレッシュは乳製品ではありません。常温で放置しても全く腐らないのがその理由の一つです。また原価が安いのでカフェやコンビニでは無料でばらまいています。なぜならコーヒーフレッシュの原料は水と油と乳化剤そして増粘多糖類だからです。これらにより乳製品風の油水が安価で出来上がります。さてこの中に含まれている油には有毒物質ヒドロキシノネナールが含まれています。これは脳や細胞を破壊する物質です。コーヒーフレッシュは他にもがんや認知症の原因になる可能性があるいろいろな有毒物質が含まれていることが指摘されています。もちろん国の認可をうけたものなので少量ならほとんど問題がありません。しかし定期的に使っているとしたら脳に少なからずの悪い影響を及している可能性があります。

缶コーヒーが脳にもたらす影響

結論から言うと缶コーヒーは脳に悪い影響をもたらす可能性が高い飲み物です。まず缶コーヒーには白砂糖がたくさん入っています。普通のコーヒーで角砂糖が約4個分も入っています。微糖の缶コーヒーと思って安心してもやはり角砂糖1個から2個入っています。無糖コーヒーやノンシュガーといっても砂糖が全く入っていないわけではありません。微量ですが砂糖が入っている場合があります。それよりも危険性が指摘されているのは人工甘味料です。これはいわば脳をだまして甘くないのに甘いと勘違いさせる添加物です。基本的には安全なものとされていますが、がんや認知症など脳に影響を及ぼしかねない危険性が指摘されています。

コーヒーの利尿作用による悪い影響

コーヒーは脳の交感神経を刺激して利尿作用が生じます。これは脳そのものにとって悪い影響はありませんが、デメリットはいくつかあります。まず、微量ですがコーヒーを飲むと尿によって鉄分が排出されてしまいます。また外出している時間帯が多い時、特に寒い時はコーヒーを飲むとトイレが近くなって大変です。さらにコーヒーを飲むと水分をとっているはずが水分を体外に排出してしまいますので軽い脱水症状になる危険性があります。

f:id:mizorechang:20180320234254j:plain

コーヒーは脳に悪いの?それとも良いの?

コーヒーの脳に関する良い影響と悪い影響を調べてきました。では結論としてコーヒーは脳にとって良い影響を及ぼすのでしょうか。それとも脳にとって悪い影響を及ぼすのでしょうか。今まで検証してきた例をもとにコーヒーの脳に関する影響に関しての結論を出してみましょう。

脳のためにコーヒー を飲み過ぎない

コーヒーは良くも悪くも脳に影響を及ぼします。そのほとんどは脳に良い影響を及ぼすものです。しかし中にはそうでないものありました。しかし脳に及ぶす悪い影響をすべて見るとそのほとんどはコーヒーの飲み過ぎによるものであるということがわかりました。コーヒーは脳を覚醒させ、脳神経伝達物質に作用します。それで飲み過ぎによってこれらのバランスが崩れ脳に悪い影響が出てきます。しかしコーヒーを飲む量が1日に5杯以下であれば脳に良い影響を及ぼすことはあっても、悪い影響を及ぼすことはほとんどありえないでしょう。

脳のためにコーヒー に白砂糖やコーヒーフレッシュを入れない

コーヒーは適量であれば脳に悪い影響はありません。しかしそれにいつも甘い白砂糖やコーヒーフレッシュを入れて飲むならば脳に悪い影響を及ぼす可能性があります。それでコーヒーはできるだけブラックか、牛乳や生クリーム、黒砂糖など自然のものを選びましょう。ブラックコーヒーが苦手で、身近に自然なものがない場合、白砂糖やコーヒーフレッシュを絶対に入れてはいけない、というわけではありません。少量であれば脳に悪い影響はあまりありません。しかしやはりコーヒーを飲むときこれら自然でないものはできるだけ控える方が良いでしょう。

脳のためにコーヒーを飲むタイミングを考える

コーヒーは脳に覚醒効果があり、それが悪い影響を及ぼすことがあります。それで脳に対するその影響を考えてコーヒーの飲む適切なタイミングを考えるようにしましょう。例えばよく言われることですがコーヒーによる脳の覚醒効果を考えて寝る前にコーヒーを飲むのは止めるのは大切なことです。寝る前にコーヒーを飲むと寝つきが悪くなり翌日の活動に少なからずの影響を及ぼします。特に朝の眠気覚ましのコーヒーの効果は薄れるでしょう。さらにコーヒーは脳の交感神経を刺激するので利尿作用があります。コーヒーを飲むときはトイレの場所を確保してから飲むようにしましょう。そして運動の30分前にコーヒーを飲むなら運動能力は向上し、脂肪が効果的に燃焼されます。また昼寝をする前にコーヒーを飲むというのは仮眠後すっきりと目覚めることができる良いタイミングです。また学習や、スピードを重視したい仕事をしている時などもコーヒーを飲む絶好のタイミングといえるでしょう。

コーヒーが脳に良い影響をもたらす最適な飲み方とは?

さてこのように考えますとコーヒーは脳にとって悪い影響よりも良い影響のほうがはるかに多くあります。そして悪い影響はいくつかの注意するだけでほとんどなくなります。コーヒーが脳にもたらす良い影響についていうとその多くはコーヒーを1日3杯から5杯飲むと脳に良い影響をもたらすことを示しています。

それでコーヒーが脳に良い影響を及ぼす最適な飲み方とは白砂糖、コーヒーフレッシュを入れないコーヒーを朝、正午、午後3時に5回程度飲むということです。この量なら脳に悪い影響はなく、脳は常に覚醒して、高い集中力、注意力、記憶力が保たれ適度にリラックスしています。そして夜はカフェインの影響に妨げられることなくぐっすりと眠れます。また脳に関係するいろいろな病気から守られます。後は自分好みの美味しいコーヒー豆や水を選んで、最高のコーヒーを淹れてください。

脳にとってコーヒーと相性がいい飲み物

コーヒーとケーキ、コーヒーとパスタ、コーヒーと牛乳など、コーヒーと相性のいい食べ物や飲み物はたくさんあります。ここではその中で脳にとって良い影響を及ぼすコーヒーと相性のいい飲み物をご紹介します。コーヒーと一緒にこれらを飲むならコーヒーにはない効果を補い、脳にとってさらに良い影響があるでしょう。

コーヒーと緑茶の飲み合わせは脳卒中予防に最適

コーヒーを飲むと脳梗塞などの脳卒中予防に効果があることはすでにご紹介しました。国立がん研究センターはまたコーヒーの他に緑茶にも効果があることを報告しています。緑茶を1日4杯以上飲む人は脳卒中のリスクを20パーセント抑えられるようです。コーヒーと緑茶が脳卒中に効果がある理由としてあげられるのがそれぞれに含まれているポルフェノールのようです。コーヒーにはクロロゲン酸というポルフェノールが含まれていて、緑茶にはカテキンというポルフェノールが含まれています。

そしてそれぞれのポルフェノールには相乗効果があり1日に両方飲むとさらに脳卒中の発症リスクを抑えられるようです。飲む量としては緑茶2杯、コーヒー2杯が最も効果的のようです。コーヒーを1日に4杯~5杯のレギュラーコーヒーを飲むのは少し大変な人もいると思いますのでこちらのほうが楽かもしれません。逆に緑茶にもコーヒーと比べると微量ですが、カフェインが含まれています。コーヒーと緑茶両方を多量摂取しないように気をつけましょう。

コーヒーとアルコールは集中力と想像力を高める

コーヒーは集中力を増しますが創造性には影響しません。一方アルコールは集中力が弱まりますが想像力を豊かにしてくれる作用があることがいくつかの実験によりわかっています。アルコールは脳の働きを抑えますがコーヒーのカフェインは脳の働きを高めます。それで一緒に飲むと効果が相殺されアルコールを飲んでも酔いにくくなります。

少量のコーヒーと少量のアルコールを飲めば集中力と想像力共にアップすることができるでしょう。ただし飲んでも酔わないということはある意味非常に危険です。気づいたらビールやお酒がどんどん進んで急性アルコール中毒になるという危険性もあります。コーヒーとアルコールを一緒に飲むときはとりわけその量に注意しましょう。

コーヒーと脳まとめ

コーヒーの健康効果に関するニュースをよく耳にするようになりましたが、脳に影響することに絞ってみても非常にたくさんあります。コーヒーは薬理効果がありますが、薬ではなく嗜好品です。しかもコーヒーはさらに勉強や仕事の最高のパートナーにもなります。このようにコーヒーはどの年代層の人にとっても必要ないろいろな効果があります。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

PS 一日5杯って意外とたくさん飲んでも大丈夫なんですね。なんだか安心しました。

ヒルス コーヒー 豆(粉) リッチブレンド AP 750g

新品価格
¥600から
(2018/3/20 23:46時点)