Modern Device Gutter

わたしは北海道に住むmizoreと申します。機械と機械と機械が好きです。

インテルからCore i9っていう新しいものが出たらしいです。

f:id:mizorechang:20180404214908j:plain
ラップトップを使っている方には朗報です。デスクトップがどうしても性能が上というのはなんだか嫌ですよね。わたしも同感です。

Intel(インテル)のデスクトップ向け最強プロセッサといえば、2017年夏に発表された最大18コア/32スレッドを実装した「Core i9」でしょう。

しかしIntelの信長の野望はそれにとどまりませんでした。なんとラップトップ向けとしても「Core i9-8950HK」を発表してしまったのです。なんでもありの世界になってきましたね。でもこういう展開の方がユーザーとしてはワクワクしますよね。

オルビスユー

デスクトップ版Core i9の性能はすばらしく、次に強力なCore i7プロセッサの2倍のコアを搭載していたので、価格が高くても正当化されていました。

一方、ラップトップ版のCore i9-8950HKは、ラップトップ向けの「Core i7-8750H」と同コア数(6コア)で、スペック差は際立つというほどでもなさそうなのです。

でも変わらないというわけではなく、Core i9-8950HKの最高クロックは通常時2.9GHz、Turbo Boost動作時は4.8GHzと、Core i7-8750Hの2.2/4.2GHzと比べて大幅に向上しています。

最高クロックの差はこれまでのCore i9プロセッサとCore i7プロセッサの差には見劣りしますが、Core i9-8950HKは公式にオーバークロックが可能なのが最大の特徴でしょう(排熱性能には左右されますが)。

さらにIntelによれば、Core i9-8950HKは同一消費電力時の全体パフォーマンスで第7世代のCore i7よりも29%高速とのことです。また、ゲーム中は秒間フレームレートが41%向上し、4K動画のレンダリングも59%高速だとされています。

このプロセッサはAlienwareやMSI、Acerが販売する4000ドル超の最強ゲーミングラップトップに搭載されることになるでしょうが、6コアのCore i7プロセッサと名前を区別するほどの差があるのかどうかは、今後明らかになることでしょう。インテルのことですから、あっと驚くパフォーマンスを見せてくれることでしょうね。

f:id:mizorechang:20180404214737j:plain