Modern Device Gutter

わたしは北海道に住むmizoreと申します。機械と機械と機械が好きです。

甘酒について

f:id:mizorechang:20180406224614j:plain

一年くらい前からひどいアレルギーになって毎日馬鹿みたいに甘酒飲んでましたがいっこうによくなりませんでした!あんなに資金をつぎ込んだのに!健康に良いものってそんなもんです。とにかくなんでも毎日食べるのはよくないんです!

さてさて甘酒は、米こうじに水分を足して、さらに発酵させたものです。おかゆや炊いたお米をたして作る方もいると思いますが、その原材料は「こめ」と「こうじ」です。ではなぜ甘いのでしょうか。それは、こうじの酵素がお米のデンプンを分解してブドウ糖にするからです。

ブドウ糖とは、「グルコース」とも言われるもので、吸収されるとそのまますぐに体のエネルギーとなってくれる優れもの。甘酒には、お米にはない糖の代謝に必要なビタミンB群も含まれているため、すぐにエネルギーが必要な人にはオススメできる飲み物です。

しかし、ブドウ糖が腸で吸収されると、当然ですが、血糖値は上がります。ブドウ糖は分解したり、作り替えたりする必要のない糖ですから、飲んですぐに血糖値が上がってしまいます。甘酒は消化に必要なエネルギーを押さえ、腸内の善玉菌の働きも助けてくれる発酵飲料です。

お通じが良くなった!と感じる方も。発酵によって、お米の栄養だけでなく、お肌を健康に保つためのビタミンやアミノ酸もプラスされているので、健康のために定期的に飲むことをおすすめしたい飲み物です。糖尿病とお聞きしてしまったら、甘酒をお出しするわけにはいきません。健康な方ならば、むしろ体にいい事も多い甘酒。

だけど、糖尿病の方にだけはおすすめできないんです。だって、血糖値がすぐに上がってしまって、さらに血液がドロドロの状態になってしまうからです。糖尿病の治療については、今でも「カロリー重視」の治療方針の病院もあるようですが、「糖質制限」はかなり浸透して来ているように思います。
肉や油は、カロリーが高くても血糖値を上げる事はありません。
糖質さえとらなければ、血糖値が上がる事はないのです。ましてや、糖質の中でも「ブドウ糖」をそのままとる事は、急激に血糖値を上げる事になってしまいます。

かといって、「とても飲みたいのに絶対我慢しないといけないの???」という方は、
どのくらい、どういったタイミングでなら飲んでも大丈夫なのか、ご自分の状態に合わせてよく主治医と相談してくださいね。

「アレルギーを改善するために甘酒をのむといいって聞いたのですが。」腸内環境の改善で、アレルギーが改善する方はいらっしゃいます。ただアレルギーに関しても注意が必要です。
アスペルギルス属のカビにアレルギーのある方

アレルギー診断でアスペルギルスに反応のある方は、こうじによる発酵食品はさけていただいた方が無難です。特に甘酒やおみそ等を手作りすること。食べる事もそうですが、「こうじ」自体を自分で扱う事で、胞子を吸い込んでしまう可能性が高くなります。

オルビスユー


カンジダ症のある方

カンジダは多くの人の体に住み着いている菌で、コウジカビと同じ、真菌の仲間です。
しかし、増えすぎると悪さをしだす事があります。この症状を良くするために乳酸菌をとったり、免疫アップを期待して発酵食品をとったりする方もいるようですが、それがかえって症状を悪化させる事も。カンジダは甘いものが大好物ですから、甘酒を飲む事によって、カンジダにエサを与えて元気にさせてしまう場合があります。

また、カンジダ症のひどい方は腸壁が弱っていることが多いためにアレルギー症状が出やすく、症状改善のために食べたヨーグルトで乳製品のアレルギーが出たり、真菌というカンジダの仲間である「こうじ」や「きのこ」をとる事で症状が悪化してしまうこともあるのです。

こういう方は、病院でしっかり症状がおさまってから、食事について専門家や主治医とお話合いする事をお勧めします。上手に生活に取り入れる事で、体調を良くしてくれるはずの甘酒。メリットだけでなく、しっかりデメリットも知った上でとり入れていく事が大切です。では、どうやって活用していけば良いのでしょうか。
①甘酒は、毎日毎日脅迫的に飲んだり、一度に大量に飲まず適量を心がける。
甘酒として飲むのは週に2、3度程度に。その他は、お料理等で少しずつ使っていくのもよし!どんなに健康に良いと言われているものでも、過剰摂取はお勧めできません。
どんな食べ物、飲み物でも、食べる事によるメリット、デメリットは存在します。体に良いと言われているものを食べ過ぎた事で、アレルギーを発症する場合も。「良いものを積極的に取り入れる」のも良い事ですが、「悪いものをなるべく取り入れないようにする」というのも一つの健康法です。

「どこにあるか分からない危険を分散する」という考え方は、リスク管理をする上で大変重要な事です。適量は人によって違うため、「私は何年間も毎日甘酒を飲んで、体調がすごくいいです!」という方は、毎日飲んでも差し支えない体の状態なのだと思います。自分の体の声をよくきいて、適量を見極めていってくださいね。
②糖尿病ではないけれども、血糖値が気になるという方は、血糖値の上がりにくい方法で飲む!

白米で作られた甘酒は血糖値を上げやすいですが、実は玄米こうじで作られた甘酒は、白米で作られた甘酒よりも血糖値の上がり方が緩やかである事が分かっています。ご自分で作られる場合、玄米で作るとうまくできない事も多いですが、糠をたしてみたり、
分づき米で作ってみるのも良いでしょう。

白米もそうですが、特に糠や分づき米を使う時は、無農薬のものを使用してください。
また、お酢やスパイスは血糖値を上げにくくする食材。お酢を使ったお料理を食べたあとに飲んだり、生姜やニンニク、シナモンを使ったドリンクやお料理に甘酒を使うと血糖値を上げにくくしてくれます。
③そう言えば何も食べていなかった!力が入らず手が震える・・などの症状、低血糖かもしれません!

健康な方でも、「忙しすぎて食べるのを忘れていた」という時。小さなお子さんが、熱もなく、思い当たる事もないのになぜがぐったり元気がないという時。

もしかしたら、「低血糖」かも知れません。朝から、しっかりエネルギーとなる糖質。食べましたか?「糖質制限」が流行の昨今。でも、エネルギーがたりない!!そんなときには糖質は強い味方です。
甘酒はスムーズにブドウ糖を補給してくれますから、「食べる時間がなくて元気が出ない、又は食べる元気もない」という、今すぐエネルギーチャージしたい方にはオススメです。また、小さなお子様は体の作りが未熟なので、糖質なしではしっかりエネルギーに変換できないことも。
食べていると思っていたのに、糖質は全然食べていなかった。。。という場合は、低血糖という大変危険な状態になる場合もありますので、適度に糖質を補給してあげて下さい。
精製されたお砂糖の甘さに慣れてしまう前に、甘酒の自然な甘み少量で満足したり、甘酒を使ったおやつをつくってあげるのもオススメです。また、筋肉を使った仕事や運動のあと、甘酒で速やかにブドウ糖を補給してあげるのも体力維持のために適した飲み方です。

どんな食品も食べ過ぎに気をつけ、悪い食品を現実的に考えてあまり摂らないようにする方法良いかもですね。

f:id:mizorechang:20180406224741j:plain